良いシャンプー」って何?

 

今まで美容院のシャンプーやネットで評判の良いシャンプーをつかってきましたが
良いシャンプー」って何だろう?」と
アロマのやさしさを使って改めて考えさせられました。

 

良いシャンプーって思うのはどんな時?

  • シャンプーの後、スッキリする
  • シャンプーの香りが良く気分がいい
  • シャンプーの泡立ちが良い
  • シャンプーのパッケージが良い(有効成分が入っている)

 

改めて考えると今まで良いと思ってたシャンプーって使ったその一瞬の気分
左右されているのかなぁと思いました。

 

シャンプーした後はスッキリするけど次の日の夕方になると脂っこい髪になったり・・
でもまた洗えばスッキリする。

 

でもアロマのやさしさ使って感じたのが良いシャンプーって本当は何も感じない!
って事なのかなぁって感じました。なにも感じないならダメでしょ!
って思うけどちょっと違うくて、違う言い方すると

 

 

一日頭皮の状態が良くて意識することもなく何も感じない!ってこと。

 

洗ったあとはスッキリするけど爽快感はない=頭皮を洗浄しすぎてない!

 

 

だから次の日になっても頭がかゆくなったり、頭皮にニキビができたりしないです。
だから頭皮を意識することが日に日に少なくなるんです。だから何も感じないです。
これが本当に良いシャンプーなのかなぁとアロマのやさしさを使って思いました。
改めて今まで使ってたシャンプーは使ったその瞬間の気分が良いだけの頭皮には良くないシャンプーだったのでしょうね。

 

頭皮が安定してるシャンプーこそが良いシャンプーなんだなぁと感じています。
頭皮が安定していると

  • 頭皮にニキビができにくい!
  • 頭皮の皮がやわらかくなる。(アロマのやさしさを半年くらい使って実感)
  • 髪が一日崩れない(たぶん頭皮の脂に関係していると思います)
  • 髪がサラサラしてパサつきがなくなる

でもこれが頭皮の正常な状態なんですね。
この正常な状態が続くと意識することがないので「なにも感じない」です。
是非実感してください。

 

アロマのやさしさ公式

関連ページ

市販品のシャンプーには髪に良くない成分がたくさん含まれる
だれもが見たことがるテレビCMに登場するシャンプーって髪がサラサラするので「良いシャンプー」だなぁと思ってしまいます。ですが髪がサラサラするのには髪に良くない成分がふくまれているのです。
無添加・植物由来に騙される
市販のシャンプーは少量の植物由来の成分が入っただけで「植物由来」として販売しています。同じように無添加成分が少しはいっただけで無添加として販売されています。騙されないためには
無添加シャンプーだから安心?自然はシャンプーは安全か
最近は無添加を売りにするシャンプーを目にしますが無添加表示も何が無添加なのか?わからないもの多々あります。シャンプーには多くの成分が含まれていますがその中の一つでも無添加成分が入っていれば「無添加シャンプー」だとうたっている物も以前は多く存在していました。
市販のシャンプーの表記をチェック
シャンプーの裏に表示されている成分表をみてください。これから指摘する成分がふくまれていれば頭皮や髪に良くないシャンプーです合成界面活性剤、皮膚の脂を流失させ、たんぱくを変性して頭皮のバリアにダメージを与える頭皮のバリアがダメージを受けると有害物質が頭皮から浸透し薄毛の原因となる