シャンプーの成分表を見てみよう

これから購入するシャンプーや今使っているシャンプーが本当に安全か?
まずはシャンプーの裏に表示されている成分表をみてください。
これから指摘する成分がふくまれていれば頭皮や髪に良くないシャンプーです。

 

合成界面活性剤皮膚の脂を流失させ、たんぱくを変性して頭皮のバリアにダメージを与える。
頭皮のバリアがダメージを受けると有害物質が頭皮から浸透し抜け毛や薄毛の原因となりみあす

 

硫酸」という文字をみたら強力な合成界面活性剤だと思ってください。なるべく使用を控えたほうがよいでしょう!
硫酸系成分の入っているシャンプーは「脱脂力」「タンパク質変性作用」などの大きな問題があります

 

ラウレス硫酸Na・ラウラミドプロピルベタイン・PEG-3ラウラミド・PEG-20ラウラミド・ラウラミンオキシド・セテス15・コカミドプロピルベタイン・ラウリン酸PEG-2・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリン・コカミドMEA・ラウロイルメチルタウリンNa

 

「脱脂力」の強いシャンプーは頭皮を健康に保つために欠かせない保湿因子(NMFやセラミド)を強力に溶かして洗い流します。
一度流されたNMFやセラミドはもとの状態に戻るまで5−6日かかると言われています
硫酸系シャンプーで毎日シャンプーした場合、保湿因子のない無防備な状態で
頭皮が外界の刺激にさらされ続けることになります。
この状態が続くと髪ヤセ、ツヤが低下して抜け毛の原因となります

 

合成ポリマー通気性を阻害するジメチコン
毒性添加物酸性防止剤・殺菌防腐剤・タール色素・紫外線吸収剤・香料など合成界面活性剤、尿素、アミノ酸などの配合でバリアが虚弱化した頭皮に一部浸透する恐れがある
窒素化合物・リン酸化合物生体に影響する可能性がある化合物
ネガティブリスト防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素・香料

 

 

アロマのやさしさ公式

関連ページ

市販品のシャンプーには髪に良くない成分がたくさん含まれる
だれもが見たことがるテレビCMに登場するシャンプーって髪がサラサラするので「良いシャンプー」だなぁと思ってしまいます。ですが髪がサラサラするのには髪に良くない成分がふくまれているのです。
無添加・植物由来に騙される
市販のシャンプーは少量の植物由来の成分が入っただけで「植物由来」として販売しています。同じように無添加成分が少しはいっただけで無添加として販売されています。騙されないためには
無添加シャンプーだから安心?自然はシャンプーは安全か
最近は無添加を売りにするシャンプーを目にしますが無添加表示も何が無添加なのか?わからないもの多々あります。シャンプーには多くの成分が含まれていますがその中の一つでも無添加成分が入っていれば「無添加シャンプー」だとうたっている物も以前は多く存在していました。
今までいろんなシャンプー使ったけど良いシャンプーってなに?
今まで美容院のシャンプーやネットで評判の良いシャンプーをつかってきましたが「良いシャンプー」って何だろう?とアロマのやさしさを使って改めて考えさせられました。良いシャンプーって思うのはどんな時?