「合成界面活性剤」「防腐剤」「鉱物油」「香料」「着色料」は配合していません。このように肌に良くない無添加成分を含むシャンプーを自然派・無添加といわれています
最近は無添加を売りにするシャンプーを目にしますが無添加表示も何が無添加なのか?わからないもの多々あります
シャンプーには多くの成分が含まれていますがその中の一つでも無添加成分が入っていれば「無添加シャンプー」だとうたっている物も以前は多く存在していました。
この基準が各メーカーにより異なるのでむやみに「無添加だから大丈夫!」という発想はやめましょう!
身体洗浄の場合は薬事法で何について無添加なのか書けという法律になっています。そして薬事法には無添加の基準もありません


ある種の成分を配合していないときは、パラベン無添加、ノンエタノールなどの成分名所を併記
ある種の成分に属する成分すべてを配合していない時はタール色素不使用、紫外線吸収剤無配合、オイルフリーなどの成分群を併記
着色剤、防腐剤などを配合していないときは、無色剤無添加、防腐剤カット無香料など配合目的を併記

 

化粧品公正取引協議会は「○○を無添加」と表示すべきと決まっていますが公正競争規定は業界の自主的ルールですから協会加入者のみに適用されるのでこの協会に加入していない業者は適用外となり不当表示が存在するわけです
これが消費者が混乱する理由で
自然、無添加、天然成分配合と聞くと肌に良いと思いますが必ず他の成分もチェックしてください。合成界面活性剤、合成ポリマー、毒性添加物などの毒性の強い成分が添加されているかもしれません

 

関連ページ

市販品のシャンプーには髪に良くない成分がたくさん含まれる
だれもが見たことがるテレビCMに登場するシャンプーって髪がサラサラするので「良いシャンプー」だなぁと思ってしまいます。ですが髪がサラサラするのには髪に良くない成分がふくまれているのです。
無添加・植物由来に騙される
市販のシャンプーは少量の植物由来の成分が入っただけで「植物由来」として販売しています。同じように無添加成分が少しはいっただけで無添加として販売されています。騙されないためには
市販のシャンプーの表記をチェック
シャンプーの裏に表示されている成分表をみてください。これから指摘する成分がふくまれていれば頭皮や髪に良くないシャンプーです合成界面活性剤、皮膚の脂を流失させ、たんぱくを変性して頭皮のバリアにダメージを与える頭皮のバリアがダメージを受けると有害物質が頭皮から浸透し薄毛の原因となる
今までいろんなシャンプー使ったけど良いシャンプーってなに?
今まで美容院のシャンプーやネットで評判の良いシャンプーをつかってきましたが「良いシャンプー」って何だろう?とアロマのやさしさを使って改めて考えさせられました。良いシャンプーって思うのはどんな時?