最近ではシャンプーに対して安全を求める人が増えています。
このため「無添加シャンプー」「植物由来のシャンプー」を
うたった商品がたくさんあるが本当に大丈夫なのか?
大丈夫

 

消費者心理からすると「無添加」「植物由来」と明記してあると天然成分なので
安心という心理でついついシャンプーを購入してしまうが
ここには大きな落とし穴があるんです。

 

元々シャンプーの成分表示に関する細かい法律がないので

 

成分の一部に少しでも無添加成分が入っていれば無添加シャンプーとして売り出し

 

植物由来の成分が少しでも入っていれば植物由来のシャンプーになってしますのです

 

 

なので無添加を謳っていても全然無添加でないシャンプーもあるし
化学成分タップりでも植物由来のシャンプーになってしまうのです。
心配

 

この手のシャンプーによく使われる成分は「スルホン酸系」の洗浄剤で
オレフィン・スルホン酸」という成分オレフィン・スルホン酸はヤシ油などの植物油からも
加工して作ることができる特徴があります。

 

これは石油系からも同じように作ることができるため「自然派」「植物由来」「天然」などという
宣伝文句に良く使われます。

 

ところがこのオレフィン・スルホン酸は洗濯用の洗剤に広く使われる成分でもあるのです。
ラウレス硫酸に匹敵する毒性があるものなので植物性だし無添加だから大丈夫だとは思わないでください。

 

 

アロマのやさしさ公式

関連ページ

市販品のシャンプーには髪に良くない成分がたくさん含まれる
だれもが見たことがるテレビCMに登場するシャンプーって髪がサラサラするので「良いシャンプー」だなぁと思ってしまいます。ですが髪がサラサラするのには髪に良くない成分がふくまれているのです。
無添加シャンプーだから安心?自然はシャンプーは安全か
最近は無添加を売りにするシャンプーを目にしますが無添加表示も何が無添加なのか?わからないもの多々あります。シャンプーには多くの成分が含まれていますがその中の一つでも無添加成分が入っていれば「無添加シャンプー」だとうたっている物も以前は多く存在していました。
市販のシャンプーの表記をチェック
シャンプーの裏に表示されている成分表をみてください。これから指摘する成分がふくまれていれば頭皮や髪に良くないシャンプーです合成界面活性剤、皮膚の脂を流失させ、たんぱくを変性して頭皮のバリアにダメージを与える頭皮のバリアがダメージを受けると有害物質が頭皮から浸透し薄毛の原因となる
今までいろんなシャンプー使ったけど良いシャンプーってなに?
今まで美容院のシャンプーやネットで評判の良いシャンプーをつかってきましたが「良いシャンプー」って何だろう?とアロマのやさしさを使って改めて考えさせられました。良いシャンプーって思うのはどんな時?